~市場参加者が少なく、動意薄な相場~ - 月曜から夜更かしFX

月曜から夜更かしFX ホーム » トレード日記 » ~市場参加者が少なく、動意薄な相場~

~市場参加者が少なく、動意薄な相場~


こんばんは(^-^)/
まりりんです!


今日は天気は悪かったですが
とても暖かくて秋服で
1日を過ごしてしまいました。

明日は天皇誕生日で東京休場です。

年末に向けての
相場の動きに注目ですね!



~注目指標発表~

・22:30 (米) 新規失業保険申請件数
・22:30 (米) 11月耐久財受注

以上が注目度の高い
指標発表です。

クリスマス休暇を直前に控えて、
ついに動意が薄くなってきました。

クリスマス休暇を前に
市場参加者が激減しているため、
注目度の高い米国の経済指標の
発表での市場の反応は未知数です。

経済指標以外の米国のイベントでは
5年物価連動債入札が控えています。
こちらにも注意が必要です!




~今日の為替相場~

今日はこう着が続きました。

手がかりが乏しく、クリスマス休暇で
市場参加者が少ないなか、
模様眺めムードが広がっています。

日経平均は小安い水準でもみ合い、
時間外取引の米10年債利回りも
2.53%近辺でほぼ横ばいとなりました。

ドル円はNY終値水準の
117円半ばでこう着しています。

トランプ次期政権の政策期待や
米利上げ加速への思惑で
ドル先高観が根強いなか、
黒田日銀総裁が円安容認や
早期利上げを否定する発言をしたことも
ドル買い・円売りに安心感を与えており、
ドル円の下値は堅くなっています。

120円大台を目指す相場展開が見込まれますが、
大台復帰を果たすには、
日経平均の2万円乗せや、
米10年債利回りの2.7%付近までの
上昇が必要であるとの声もあるようです。

とはいえ、現在は
クリスマス休暇目前で
市場参加者が減少しているので
しばらくはこのままの状態が
続くのではないかと思われます。



詳しいトレードのポイントについて
メルマガにて配信しております!(^^)!

~チャート分析~

スクリーンショット-(47)

ドル円・15分足(赤:25MA 黄:50MA 青:100MA)

現在のドル円は
117.53円で推移しています。

レンジ相場で
大きな動きもありません。

しかし、今夜は
注目度の高い指標発表を
控えているので
そこで相場がどのように動くのか注目です!

今夜もスキャルピングが
基本となりますね。


メルマガでこれからの
値動きを解説しています(*^^*)



~豆知識~

今日は『強含み』と『弱含み』について
用語確認も含めて書いていこうと思います。

簡単な用語であり、
よく使われているので
用語説明に加えて相場についても
少し触れていきます!

強含み』とは、
相場が堅調に上昇しそうな気配を
見せている状態にあることを指します。

逆に『弱含み』とは、
相場が軟調に下降しそうな気配を
見せている状態にあることを指します。

ちなみに『堅調』とは、
相場が上向きで、
しっかりしている状態のことをいいます。

逆に『軟調』とは、
相場が少し安い状態を指し、
緩やかに下がっている
状態のことをいいます。


現在、ユーロが底堅く
推移していますが
ユーロクロスの影響によって
他通貨が弱含む状況です。

ドル円も若干ではありますが
弱含んでいます。

この情報から
ドル円は、この後再び
ロングトレンドに戻るよりは
レンジ相場が続いて
緩やかに下落していく可能性の方が
高いようですね。

このように用語を
しっかり覚えておくことは必須です!

いろんなところで
目にすることが多いので
これからも簡単な用語なども
書いていきますね。

では、今日はこのへんで(^-^)/