~休場明けの米国、小動きな相場~ - 月曜から夜更かしFX

月曜から夜更かしFX ホーム » トレード日記 » ~休場明けの米国、小動きな相場~

~休場明けの米国、小動きな相場~

こんばんは(^-^)/
まりりんです!


相場のみならず
世の中すべてが年末に
向かっていてなんだか
寂しい気持ちになりますね。

今日も昨日に引き続き
祝日で休場の国が多くあります。

~注目指標発表~

・8:30 (日) 11月全国消費者物価指数

以上の注目度の高い指標発表を
終えています。

そのほかのイベントとして
・24:00 (米)消費者信頼感指数
が控えています。

米国がクリスマス休暇明けとなっており、
引き続き休場となっている国も
多くなっています。

クリスマス及び年末で
市場参加者が激減していることから
どこまで相場が動くのか
予測は難しくなるでしょう。


~今日の為替相場~

ロンドン休場を控え、
ドル円は117円前半で
動意に乏しいものでした。

日経平均株価は前日終値付近へ
下押ししました。

休場明けの欧州タイムは
小動きとなっています。

ロンドン勢がロングウィークエンドで
まだ不在であり、為替市場では
小口のフローが交錯しているだけのようです。



詳しいトレードのポイントについて
メルマガにて配信しております!(^^)!

~チャート分析~

スクリーンショット-(50)

ドル円・15分足 (赤:25MA 黄:50MA 青:100MA) 


現在のドル円は
117.30円で推移しております。

レンジ相場となっているので、
RSIを確認すると
上に伸びるのも下に伸びるのも
どちらにもいけるでしょう。

しかし、市場参加者が少ないので
あまり伸びることは考えられません。

やはり、スキャルピングが
活躍する相場ですね。


メルマガでこれからの
値動きを解説しています(*^^*)



~豆知識~

今日は『レバレッジ』について
書こうと思います。

スキャルピングトレードをしていくうえで
レバレッジを変えて
利益を大きくしていけば
少ない値動きでもしっかり
稼ぐことが出来ます。

レバレッジとは、
証拠金にかける「てこ」のようなもので、
少ない資本金でも大きな取引が
できるようになることを表していて、
通常は、レバレッジ○○倍といった
言い方をします。

レバレッジをかけると、
利益や損失もその分大きくなります。

たとえば、10万円の証拠金でも、
10倍のレバレッジをかければ、
100万円として取引できます。

レバレッジをかけなければ
1万円の為替差益だったところが、
10倍のレバレッジをかければ
10万円の利益に膨むのです。

当然損失の場合にも
レバレッジはかかります。
1万円の損失が
10倍のレバレッジをかけていれば
10万円の損失になるのです。

初心者は2~3倍から
レバレッジをかけていく方が
いいのですが、
今の相場のような
値動きがほとんどない相場で
スキャルピングをする場合は
少しだけでもレバレッジを上げてみては
いかがでしょうか。


では、今日はこのへんで(^-^)/