~休場明けでも参加者極少~ - 月曜から夜更かしFX

月曜から夜更かしFX ホーム » トレード日記 » ~休場明けでも参加者極少~

~休場明けでも参加者極少~




こんばんは(^-^)/
まりりんです!


冷え込みが厳しくなって
あと3日で今年も終わるのかとしみじみ・・・。

今日は休場明けとなる国が
多くあります!


~注目指標発表~

今日は特に
注目度の高い指標発表は
予定されていません。

昨日は、米国が
クリスマス休暇明けでしたが、
小動きで終始しました。

本日の注目度の高いイベントは
・24:00 (米)中古住宅販売保留
・27:00 (米)5年債入札
程度となります。

ほとんどの国で
休場明けになったとはいえ、
クリスマス及び年末で
市場参加者が激減している中、
どこまで動くのでしょうか。


~今日の為替相場~

ドル円は、午前中に
117.74円まで上昇した後は
伸び悩むも、117円半ばで
下げ渋りました。

時間外取引のダウ先物が
強含みで推移したこと、
NY原油先物が53ドル後半を
維持したことなどが支えとなったようです。

米10年債利回りも
2.56%付近の水準を保ちました。

月末・四半期末・年末で、
基本的にはこの時期特有の
フローの存在感のほうが強いですが、
淀んでいる流れはそれでもまだ
ドル円の味方であるといえるでしょう。



詳しいトレードのポイントについて
メルマガにて配信しております!(^^)!

~チャート分析~

スクリーンショット-(53)

ドル円・15分足 (赤:25MA 黄:50MA 青:100MA) 


現在のドル円は
117.66円で推移しております。

ロングトレンドとなって
上値を伸ばせるかどうかといった
状態となっています。

押し目買いポイントといっても
いいでしょう。

読みがはずれれば
すぐに損切をすることを
忘れないようにしましょう!


メルマガでこれからの
値動きを解説しています(*^^*)



~豆知識~

今日は『NYダウ』について!


いろんなところで目にする言葉でもあり
相場の動きにも大きく関係してくるので
どのようなものかしっかり
押さえておきましょう。

NYダウ』とは、「ダウ平均」や
「ダウ工業株30種」とも呼ばれ、
世界的なビジネス紙である
『The Wall Street Journal』の
発行元であるダウ・ジョーンズと
スタンダード&プアーズの合併会社である
S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが
算出・公表している、
米国の代表的な株価指数をいいます。

米国を代表する優良30銘柄を選出し、
指数化したもので、その銘柄入替は、
ウォールストリート・ジャーナル紙の
編集陣によって行われています。

呼ばれ方にもあった
工業という意味に対しては、
広範な考えを持ち、
鉄道と公共事業以外の会社であれば、
全ての会社が対象です。

本指数は、米国を代表する
ニューヨーク株式市場の
重要な株価指標となっており、
米国株の代表的な株価指数として、
世界中で常に注目されています。

相場に影響してくる指標ということで
納得ですね。

FXには様々なことが
関係してきます。

ひとつずつしっかりと理解して
もっとFXを面白くしていきたいですね!


では、今日はこのへんで(^-^)/