~米雇用統計を控えて円相場中心の展開~ - 月曜から夜更かしFX

月曜から夜更かしFX ホーム » トレード日記 » ~米雇用統計を控えて円相場中心の展開~

~米雇用統計を控えて円相場中心の展開~

こんばんは(^-^)/
まりりんです!


今日は実家から帰ってきて
大掃除後の家に感動しました笑)

すっきりした気持ちで
今週最後のトレードに励みます!!


~注目指標発表~

・22:30 (米) 12月非農業部門雇用者数
・22:30 (米) 12月失業率
・22:30 (米) 11月貿易収支

以上の注目度が高い
指標発表を控えています。

米雇用統計は金融市場にとって
月に一度のビッグイベントとも
言われるほど注目度が高く
市場影響度が大きいので、
この発表内容とその後の流れ次第では
ここまでの金融市場の流れが
大きく変化する可能性もあります。

普段より一層
慎重なトレードが必要となるでしょう。

指標発表前後の
荒れた相場でのトレードは
思わぬ損が出ることが多いので
控えることをオススメします。


~今日の為替相場~

ドル円は116.39円まで
じり高となっています。

ドル高・人民元安が続いていることが
東京タイムからドル円を
サポートしているようです。

オフショア人民元はロンドンタイムに入り
本日のドル高・人民元安水準を更新しました。

ユーロ円は123.15円、ポンド円は144.05円、
加ドル円は87.75円まで上昇しています。

オフショア人民元の動向を手がかりに
ドル高には振れていません。

円相場中心の展開となっています。


詳しいトレードのポイントについて
メルマガにて配信しております!(^^)!

~チャート分析~

スクリーンショット-(64)

ドル円・15分足 (赤:25MA 黄:50MA 青:100MA) 


現在のドル円は
116.16円で推移しております。

レンジ相場となっており、
この後にビッグな指標発表を
控えているので
このままのレンジが続くのか
急な上げをみせるのか
またその逆なのか
慎重になる必要がありますね。


メルマガでこれからの
値動きを解説しています(*^^*)



~豆知識~

今日はこの後発表の
米雇用統計』について。

米雇用統計』とは米国の労働省が
毎月発表する、米国の雇用情勢を調べた
景気関連の経済指標のことです。

通常、雇用情勢の変化は、
個人所得や個人消費などに波及し、
また今後の景気動向にも
大きな影響を与えます。

現在、米雇用統計は、
世界の経済指標の中で
最も注目されており、
外国為替市場や
株式市場などのマーケットは、
この発表の前後で
大きく動くことになります。

本統計の中でも
『非農業部門就業者数』と『失業率』の
2項目が特に注目されており、
FOMCの金融政策の決定にも
大きな影響を与えるものです。

昨日発表された
(毎月雇用統計に先立って発表される)
消費者信頼感指数やISM製造業景気指数、
ADP雇用統計などでも雇用関連の数値の発表があり、
これらを参考に様々な思惑で取引が行われ、
米雇用統計に向けてマーケットは
大きく盛り上がっています。

今日は金曜日ですので
盛り上がった相場で
そのままポジションの持ち越しと
ならないように気を付けましょうね!


では、今日はこのへんで(^-^)/