~日米首脳会談明け、ややドル売り優勢~ - 月曜から夜更かしFX

月曜から夜更かしFX ホーム » トレード日記 » ~日米首脳会談明け、ややドル売り優勢~

~日米首脳会談明け、ややドル売り優勢~

こんばんは(^-^)/
まりりんです!


今日も気持ちのいい1日で
やる気に満ち溢れています♪

日米首脳会談も終わり、
市場の反応が気になりますね!


~注目指標発表~

今日は特に注目度の高い
指標発表は予定されていません。

8時50分に発表のあった
(日) 10-12月期GDP・1次速報は、
市場予想並みに拡大しましたが、
2016年は年末にかけての
減速が明らかとなりました。

週明けの今日は、
まず第一に日米首脳会談明けでの
各市場の反応やドルの方向性を
見極めたいですね。

また、米国の金融政策への思惑や
明日&明後日に
(米)イエレンFRB議長の議会証言を
控える点も重要となります。



~今日の為替相場~

週末から行われた
日米首脳会談でトランプ米大統領が
円安を再び批判しなかったことから、
円相場は当面トランプ砲の
標的にならないとの安心感が
広がりました。

先週、一方的と認識されがちな
トランプ米大統領が『一つの中国』政策を
尊重すると伝えたことも含めて、
現実的な外交路線を歩んでいることは
トランプ政権にまとわりついている
不透明感を後退させたようです。

今日の相場はややドル売りが優勢で、
ドル円にも調整が入ったものの、
113円半ばで下げ渋り、
113円後半に切り返しています。

米10年債利回りが上昇気味に推移し、
欧州株もおおむね堅調な
動きになっていることも、
ドル円の下支えとなっているようです。


詳しいトレードのポイントについて
メルマガにて配信しております!(^^)!

~チャート分析~

スクリーンショット-(114)

ドル円・15分足 (赤:25MA 黄:50MA 青:100MA) 


現在のドル円は
113.71円で推移しております。

昼過ぎからのレンジ相場が
続いています。

今日は特に大きな
イベントもなく、
しばらくレンジ相場が
続いていくと予想されるでしょう。


メルマガでこれからの
値動きを解説しています(*^^*)



~豆知識~

今日は『レンジ』について。

レンジとは相場上で売りと
買いが均衡となり、
一定の値幅にて上下を
繰り返している相場の事を指します。

レンジ相場』と対のようにしてある相場を
トレンド相場』と言い、
トレンド相場はレンジ相場とは
対照的に買われ続けたり、
売られ続けると言った
相場展開となります。

相場の大半は、
「レンジ相場から作られている」と
考えられているため、
レンジ相場はFX取引で
非常に重要なものです。

レンジ相場の上限、
または下限を突破して、
相場が一気に一方通行の
動きととなる事を
レンジブレイク』と呼びます。

レンジブレイクは相場を
一気に動かす力が有り、
一方的な値動きとなる事が
多いので注意が必要でしょう。

レンジブレイク前に
見極められるのが1番ですが
もしも、レンジブレイクのような
動きがみられるときに
ポジションを保有している場合は
戻ってくることを期待せずに
早めの損切を心がけましょうね!

近々、どんな相場も
利益に変える必勝法を
メルマガでお教えします!


では、今日はこのへんで(^-^)/